住宅ローン審査をする時キャッシングがあると不利になります

住宅ローンの審査を受ける際に最も不利になるのは、カードローンによるキャッシングです。
クレジットカードでのキャッシングは、クレジットカード自体はショッピング目的で誰でも持っている物ですから、そんなに珍しいことではありません。
しかし、消費者金融のカードローンはお金を借りることが目的なので、いきなり印象が悪くなります。
クレジットカードでお金を借りると「キャッシング」という明るいイメージですが、カードローンでお金を借りるとなると「消費者金融で借金」というような暗いイメージになることを考えればご理解いただけると思います。
ですから、カードローンでキャッシングの経験がある人は、日常的に経済状態が良くないと判断され住宅ローンの審査ではマイナス評価を受けてしまいます。