FX投資で取得した利益にも税金がかかる?

FX投資で取得した利益には税金がかかると思いますか?FX投資により取得した利益は税制上、「雑所得」にあたります。
年間の雑所得の合計が20万円より下回っていれば、税金は生じません。
しかし、雑所得の合計が20万円より上である場合には、確定申告をしなくてはなりません。
税金を支払わずにいると所得隠しになってしまいますので、心に留めておいてください。
FXでは取引を始める前に業者に保証金を預けることとなりますが、レバレッジを使用すると保証金に対し、数倍から数十倍の範囲の金額まで取引を行うことができます。
レバレッジを用いることでハイリターンとなりますが、また同様にハイリスクとなる可能性もあるのです。
FXの主流は、短期でのトレードです。
通常、デイトレと呼ばれています。
FXシステムトレードとは、事前に決めてある条件通りに機械が自動的に取引してくれるシステムです。
FXシステムトレードのメリットとしては、取引が感情に左右されないので、損切りなど躊躇してしまうものでも自動で行ってくれ、大きな損が出る危険性を回避することが出来ます。
また、まだまだ儲けたいという欲も切り離して取引が出来るので着実に利益を手に入れることができます。
さらに、昼間に仕事をしている会社員の方でも取引に参加することもできるでしょう。
一方、FXシステムトレードのデメリットとしては、予め選択できるルールもありますが、自分でルールを設定するためにはFXに関する専門的な知識が必要だということです。
また、急激な相場の変動に対応できない場合があります。
その際に思いがけない損が発生する可能性もあるので注意が必要です。
デイトレでいう「デイ」とは、日本時間でいう0時?24時ではなく、ニューヨークでいう時間になります。
要するに、世界の金融は、ニューヨークが中心となって回っているということであります。
短期トレードは、価格が急激に変化するリスクが低くなりますが、その分、大きな利益も得るのが難しくなります。